ザクぶろぐ

ざっくばらんに、ざっくりとした内容の雑記ブログ

2年間アイドルヲタをやって良かったこと悪かったこと

スポンサードリンク

イチオシ記事

1,個室ビデオ DVD鑑賞金太郎池袋店に突撃!!

2,ドラゴンボール外伝 転生したらヤムチャだった漫画がめちゃくちゃ面白い件

3,超面白いおすすめファミコンカセットランキング111選!



f:id:takayuki2525:20160612224129j:plain

 

どうもこんにちわ!

たかゆきです!

今日は約2年間アイドルヲタをやってた時に

良かったこと、悪かったこと、学んだこと

そんなこと書いていきたいと思います!

 

僕は約2年間くらい(2010~2012年)やってました。

最初はAKB48から始まりましたが、主にはSKE48のヲタとして

活動していました。

 

きっかけ

きっかけはニコニコ生放送です。

ニコ生主がAKB48が好きで

それに対抗した感じで勉強した感じになります。

それからいろいろあってSKE48ヲタとなりました。

ちなみに推しメンは古川愛李さんです。

f:id:takayuki2525:20160612224235j:plain

今は漫画を描いたり、イラストを描いたり活動をしています。

他にもいろいろ語りたいですが、今日はアイドルヲタの話を中心にしていくので割愛しますね。

 

良かったこと

実際に有名人に会える

まずは、握手会があるアイドルだと

実際に会える! あのテレビに出ていたアイドルが

握手券が手に入れば握手ができちゃうんです。

僕はあまり人気の高い人とは握手しなかったですけどね。

一番有名どころだと松井玲奈さんですかね。

f:id:takayuki2525:20160612224300j:plain

 

 

人脈が広がる

f:id:takayuki2525:20160612224318j:plain

SNSなどでヲタと繋がってから実際にライブや握手会で

会って友達になるって感じです。

あとは、生誕祭委員になれば、同じ推しメンの人たちで

たくさんのヲタと、友達になったりします。

推しメンが被ってる人とは、一切交流しないとかいう人もいますけどねw

そうしていくと、握手会なんかも、目当てのメンバーと握手したときの話を

塩対応だっただの、神対応だっただの、あーだのこーだの

ヲタ同士で交流するのが楽しかったりします。

僕の場合は、ヲタ数人でSKE48の曲にある

ロケ地でもあった「羽豆岬」というところに旅行にいったりしましたw

 

良くなかったこと

お金がかかる

f:id:takayuki2525:20160612224450p:plain

ガチになればガチになるほどお金がかかります。

AKB系列になると握手券1枚手に入れるためには

最低でも1枚1000円のCDを買わなければなりません。

20回ループするとなると2万円かかりますね。

僕は東京の握手会を拠点としていましたが、

ガチってくると、名古屋、大阪への遠征が増えてきますね。

毎週のように握手会だったりしました。

ここで懸念されるのが交通費

これは毎回新幹線なんか使っていたら完全にショートしてしまいますね。

なので夜行バスをよく使っていました。

最近は高速バスの事故が多く、運転手の増加のため

人件費が多くなり、ちょっと高くなっていますが

当時は東京から名古屋まで片道2500円くらいでいけました。

大阪だと3500円くらいでいけましたね。

今だと+2000円くらいかかります。

そこで浮いた交通費を握手券に回すとww

そこで、資金がなくなってしまうと活動できなくなってしまうので

金銭管理の上では一番しっかりできていた時期ですねw

 

ライブガチ勢は退く・・・

f:id:takayuki2525:20160612224129j:plain

僕はライブはあまり好きじゃなく、握手会が好きでした。

というのも、ライブでは上にある画像のように

奇妙な動きをして応援する方々もいます。

ヲタ芸ってやつですね。

僕はこれ嫌いでした。

 

まとめ

ヲタ時代は今も後悔はしていません。

楽しかったです。

でも、孤独に活動してたら面白くなかったと思います。

是非、夢中になれそうなメンバーがいるのであれば

握手会なんかに足を運んでみてはいかがでしょうか?

じゃあなぜヲタ活をやめたのか?

それは、推しメンにガチ恋しそうになったからです。

相手はアイドルで好きになるのはいいですが

欲しくなってはいけないと思っていましたので

ヲタはやめました。

 

関連記事

www.takayuki-blog.com

www.takayuki-blog.com

www.takayuki-blog.com