読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ザクぶろぐ

ざっくばらんに、ざっくりとした内容の雑記ブログ

開封してみた 超戦士シールウエハース2 ドラゴンボール

スポンサードリンク

イチオシ記事

1,個室ビデオ DVD鑑賞金太郎池袋店に突撃!!

2,ドラゴンボール外伝 転生したらヤムチャだった漫画がめちゃくちゃ面白い件

3,超面白いおすすめファミコンカセットランキング111選!



f:id:takayuki2525:20160704230059j:plain

 

どうもこんにちわ!

ドラゴンボール大好き、たかゆき(@takayuki__2525)です!

 

今回は、ドラゴンボールの食玩ウエハースシリーズ

「超戦士シールウエハース2」

がコンビニのミニストップに売っていたので買ってみました。

 

いやー、僕ね、幼い頃からドラゴンボールが大好きで大好きでしょうがなかったんですよ!

漫画も何回読み直したことかっ!

ドラゴンボールクイズ対決誰かしませんか?www

 

まだ読んでないって人は是非読んでください!

あなたもベジータの虜になるかもしれません!w

 

 

超戦士シールウエハース2 開封♪

f:id:takayuki2525:20160704231435j:plain

で、でたあああああ!!

あ、あの!超人気アニメ、ドラゴンボールのシールウエハース2だああああ!!

2016年3月15日発売。

っつーことで、開封していきましょう!

 

ちなみに全24種類、シール1枚とココアクリーム味のウエハースが入っています。

シールの内容はこちら

f:id:takayuki2525:20160704231442j:plain

ちょっと暗くてすいません!w

みなさんならどれが欲しいですか?

僕のねらい目は・・・ ゴジータか・・・SSGSSベジータかなぁ・・・

このどちらかが来たら僕の勝ちってことにしましょうw

 

では、行きましょう!

1つ目

f:id:takayuki2525:20160704231445j:plain

いきなりグルドさんですか・・・ 

ハズレやーん!

一応説明しておきますと、みなさんご存知、フリーザ様の手下であるギニュー特戦隊の1人でございます。

このキャラクターだけ極端に戦闘力が低いのですが、実は特殊能力をもっております。

それは・・・ 是非、作品を読んで確かめてください!w(言わないんかーいw

 

2つ目

f:id:takayuki2525:20160704231447j:plain

ゴテンクスだあああ!!

なんとかレアが出てくれました!

このキャラクターは悟空の息子、「悟天」とベジータの息子「トランクス」がフュージョンをした姿であります。

フュージョンが失敗することもあり、体がガリガリだったり太っちょだったりw

太っちょのゴテンクスも好きですw

 

3つ目

f:id:takayuki2525:20160704231449j:plain

よおおおおおし!!

2連続のレア!

スーパーサイヤ人2孫悟飯です!

孫悟飯も悟空の息子であります。

2つ目で出てきた悟天の兄になります。

このときはまだ生まれてませんけどね。

スーパーサイヤ人2というのはセル編で登場します。

なぜ2になったかって?

それは是非、作品をよんd(ry

 

4つ目

f:id:takayuki2525:20160704231452j:plain

おうふ・・・

ジャッキーチュン・・・

このキャラクターはドラゴンボール初期の人です。

悟空たちが初めて天下一武道会、そう、第21回天下一武道会に出場した時の優勝者であります。

さて、この人物、悟空たちを抑えて優勝するくらいですから、武道の達人なんですよ。

この人はいったい何者なのでしょうか?

その正体は、是非!作品のほうをよn(ry

 

5つ目

f:id:takayuki2525:20160704231513j:plain

きたあああああ!!

勝ちです!僕の勝ちです\(^o^)/

SSGSSのベジータが出てくれました!

正直、青髪のスーパーサイヤ人はあまり好きじゃないのですが、ベジータだとうれしいですね(*´ω`*)

一応紹介しておきますが、ベジータは主人公「孫悟空」の最大のライバルであります。

下手したら悟空より人気は高いのではないでしょうか?

 

まとめ

いやーよかったよかった

本命のベジータさんが出てきてくれてよかったですw

これは大事にしたいと思います!

他のはテキトーに貼っていこうかなw

 

また気になる食玩があったら買ってみて紹介しますね!

では、今日はここらへんでおーわり!

ではでは!\(^o^)/

 

 

関連記事

www.takayuki-blog.com

www.takayuki-blog.com