ザクぶろぐ

ざっくばらんに、ざっくりとした内容の雑記ブログ

乃木坂46 19thシングル個別握手会1次抽選を与田祐希に全投げした結果を公開します。

スポンサードリンク

イチオシ記事

1,アイドルの握手券当選率を格段に上げる方法を教えます。

2,乃木坂46 パッと見美人さんランキングTOP10を考えてみた

3,にわかファンが本気で乃木坂46ソートしてみたTOP10



f:id:takayuki2525:20170913123906j:plain

どうもこんにちわ!

乃木ヲタのたかゆき(takayuki__2525)です。

今回は乃木坂46 19thシングル

「いつかできるから今日できる」の発売記念個別握手会の

僕の1次抽選申し込みの内容をここで公開したいと思います。

すべて与田祐希に投げてます。 

みなさんの今後の申し込み戦略の参考になれれば幸いです。

 

2次と3次の申し込み記事も書いてますので

よかったらどうぞ!

 

www.takayuki-blog.comwww.takayuki-blog.com

  

 

1次抽選申し込み内容と結果

それでは、以下が僕が今回申し込んだ抽選内容です。

タイトルの通り、すべて与田祐希に申し込んでます。

 

※わからない人のために補足

1次抽選の申し込みでは15種類の部

1部につき、3枚まで合計MAXで45枚

申し込むことができます。

2次抽選以降、申し込める枚数が徐々に増えていきます。

 

そして与田祐希というメンバーに関しては

最近加入したメンバーにも関わらず

握手券が非常に取りにくいメンバーです。

推してるメンバー、握手したいメンバーによっては

また違う戦略が必要と思いますので、

僕に相談していただければアドバイスします(何様w

 

1月21日 ポートメッセなごや

1部 3枚 → 0枚

2部 3枚 → 0枚

3部 3枚 → 1枚

4部 3枚 → 1枚

5部 3枚 → 2枚

 

1月28日 東京ビッグサイト

1部 3枚 → 0枚

5部 3枚 → 2枚

 

2月3日 東京ビッグサイト

1部 3枚 → 3枚

5部 3枚 → 3枚

 

2月25日 パシフィコ横浜

1部 3枚 → 0枚

2部 3枚 → 1枚

5部 3枚 → 2枚

 

3月17日 東京ビッグサイト

1部 3枚 → 2枚

2部 3枚 → 1枚

5部 3枚 → 1枚

 

トータル結果

申し込み 45枚

当選   19枚

 

このように申し込んだ意図とは

今回の申し込みのコンセプトとしては、

とにかく枚数を確保したい

でした。

 

結果論ですが、与田祐希で

45枚申し込んで19枚当選というのは

なかなか取れたほうではないかと思います。

如何に当選する確率を上げるかを考えました。

確率を上げるだけなので、この方法でも

当選枚数0枚ってなっても文句は言えませんけどね。

 

もう申し込み内容をみたらわかる人も

いるかもしれませんが、

一応なぜこのように申し込んだか

説明したいと思います。

 

まず、僕は関東住みですが、

愛知県の会場ポートメッセなごやの

すべての部に申し込みました。

これは会場によって競争率が違うと考えたからです。

当選しやすい会場として

愛知>京都>>>関東

という感じに考えた結果でございます。

 

そして、関東の申し込みが1部と5部に

集中していることが分かると思います。

これもまた部によって競争率が全然違うからです。

当選しやすい部としては

1部>5部>>2部≧4部>>3部

という感じだと思います。

3部は圧倒的に取りにくいです。

 

なぜこの並び順で当選しやすいのか?

当選しやすいということは申し込む人が少ないってことですよね。

なぜ申し込む人が少ないのか?

僕の憶測ですが説明します。

 

1部が少ない理由は、寝坊のリスクを懸念する。

または遠方で始発で行っても間に合わない

という人たちが申し込まないんですね。

 

2部に関しては握手の時間が少し遅くなるので

申し込みやすくなるのですが

これも同様の理由で申し込まない人は少なからずいると思います。

余裕をもって、とかいう理由ね

 

5部が当選しやすい理由としては

1部の逆ですね。

握手の終了時間によっては

終電の時間が間に合わない とか

遠方の方だと夜行バスの時間が!とか

そのような理由によって申し込む人が減ります。

あと、微々たる理由ですが考えられるのは

1部から5部構成のメンバーですと

体調不良などで握手終了したときなどに、

5部だと一番リスクが大きい。

あまりないと思うんですけどね。

あと、メンバーによるのですが

1部から握手をしていると

5部の頃にはメンバーが疲れて対応が

粗悪になる場合もあります。

僕がSKEヲタだったころですが

昼ぐらいまでは良対応だけど

夜頃には疲れて塩対応になる

というメンバーはいましたw

 

4部も5部と同様の理由ですね、

早めに帰りたい、余裕もって帰りたいって人は

4部を避けるかもしれませんね。

 

3部は圧倒的に当選率が低いです。

他の部の申し込まない理由に

ちょうど引っかからない部だからです。

他の人の当選状況を見てみても

圧倒的に3部は当選率が低いですね。

当選数を重視するのであれば

3部は絶対避けるべきです。

 

ということで、

愛知会場全部+関東1部5部を申し込みました。

これで13種類。あと2種類選びます。

今までの説明通りに申し込むとなると本来

京都の1部と5部なのですが、京都は行きたくないと考えたので

(愛知はSKEヲタの経験上結構慣れてる)

関東のどこかの2部を2つ申し込むことにしたのです。

そして選んだのは後ろの2日間

 

ファンの心理として推してるメンバーですから

早く会いたい!! なので一番近い日程のものから

優先的に申し込むのではないかと考えました。

なので当選数を優先する僕としては一番遠い日程のものを

申し込むことにしました。

 

ということでこのような申し込み内容になりました。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は競争率の高いメンバーを

如何に枚数を多くとるか?の僕の戦略を紹介しました。

参考するのもよし、なんだこれwwとスルーするのもよし。

結果19枚当選しましたが、これは結果論です。

この申し込み方で当選することを保証するものではなく

あくまでも確率をあげるだけなことをご了承ください。

 

2次抽選も申し込む予定ですが、

またこのような記事を書くかどうかはわかりませんw

今回1次抽選で与田祐希が結構当選したので

2次は違うメンバーを申し込んでいこうと考えています。

当選結果だけでも書こうかなw

 

関連記事

www.takayuki-blog.com

www.takayuki-blog.com

www.takayuki-blog.com

www.takayuki-blog.com