読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ザクぶろぐ

ざっくばらんに、ざっくりとした内容の雑記ブログ

WiMAXユーザーが思う感想。速度、制限、エリア等

スポンサードリンク

イチオシ記事

1,個室ビデオ DVD鑑賞金太郎池袋店に突撃!!

2,ドラゴンボール外伝 転生したらヤムチャだった漫画がめちゃくちゃ面白い件

3,超面白いおすすめファミコンカセットランキング111選!



f:id:takayuki2525:20160821225731j:plain

どうも!こんにちわ!

ネットを使って無限に暇つぶしできます。

たかゆき(takayuki__2525)です。

 

 

僕は小学生のころからインターネットを使っています。

それから見ると今の回線というのはすごく速くなりました。

 

たかゆきが使っているネット回線

僕が使っているネット回線は2種類。

自宅で使う用の有線回線 NURO と

外出したときに使う無線回線 WiMAX

 

今回はWiMAXの紹介をしたいと思います。

 

WiMAXって何?

先ほど言いましたが、

外出先で使える携帯型の無線のインターネット回線です。

ノートパソコンとWiMAXの端末さえあれば

自宅にいなくてもインターネットが使えます。

 

ちなみにガチャピンとムックが

イメージキャラクターとなっていますw

 

WiMAXを使用しての感想

僕がWiMAXを利用し始めて約5年くらいが経ちます。

その5年間で思った感想を書いていきますね!

 

WiMAXの良いところ

まずはWiMAXの良いところです。

ポータブル性が高い

昔はUSBで直接パソコンに差すタイプや

既にパソコンの中にWiMAXとの通信機能が

備わったものなんかもありました。

 

今は、たばこの箱くらいの大きさの端末を買って

それで通信するものが主流です。

f:id:takayuki2525:20160821231341p:plain

 

一応今もUSBタイプはあるようです。

f:id:takayuki2525:20160821231401p:plain

 

通信速度が速い

速度がめちゃくちゃ速い!

WiMAX時代でも十分早くて不自由はなかったのですが

WiMAX2+になってからは

有線回線と差が無いように思えるくらい

速いですよ!

 

回線工事が不要!

有線回線をひくとなると

業者の人がおうちに来て

すこし工事をして、やっと繋がるのです。

 

しかしWiMAXは手元に来て、回線さえ繋がってしまえば

すぐに使えます! 便利!

 

WiMAXの悪いところ

良いところはすごく強みですが、

しかし、悪いところもあるのです…

 

通信制限がある

これは一時大きな問題になりました。

署名活動が活発に行われたくらいです。

 

その内容が

3日で3GB使ったら混雑時において

通信制限を行いますよー っていうもの

 

署名活動の効果もあって

大分制限が柔らかくなり

通信しやすくなりましたが

今もあることにはあります。

 

だから快適に使えるのは

実質1ヶ月あたり約30GBが上限ですね。

 

端末の劣化による電池持ち

WiMAXの端末も

携帯電話と同じでずっと使っていると

電池の持ちが悪くなってきます。

 

最初は約6時間持ちます!と書いてあっても

劣化してくると2時間も持たないこともあります。

端末の当たり外れがあるかもしれませんが

その覚悟は必要です。

 

ですので、長いこと使おうと

思っている方はモバイルバッテリーも

一緒に携行することが必要になってきます。

 

まだ電波が弱いエリアがある

WiMAXは最初首都圏中心でしか

電波がなかったのですが、努力を積み重ね

その電波の範囲を増やしてきました。

しかし、まだ電波が届かないところもあります。

 

契約の前に自分の行動範囲が

電波が届くかどうかの確認をしておきましょう。

 

このリンクから確認することができます。

www.uqwimax.jp

 

しかし、ここで電波がある!っていう風になっていても

自分の住んでいる場所が局所的に電波が入らないってこともあります。

 

不安な方は15日間の無料お試しができるので

それを使ってみるといいでしょう。

www.uqwimax.jp

 

まとめ!

 ブロガーがブログ書くだけなら十分使えます。

しかし、僕が将来描くような

全国を旅しながらブログや動画で発信していくというものになってくると

電波の問題で厳しい時もあると思います。

 

あとyoutubeのヘビーユーザーは制限に達しやすいので

オススメできません。

観る側も投稿する側もね。

 

自分のパソコンの用途と照らし合わせて

契約を考えましょう。