ザクぶろぐ

ざっくばらんに、ざっくりとした内容の雑記ブログ

元野球少年の僕が念願の投手起用で試合開始たった3球で降板させられた話

スポンサードリンク

イチオシ記事

1,アイドルの握手券当選率を格段に上げる方法を教えます。

2,乃木坂46 パッと見美人さんランキングTOP10を考えてみた

3,にわかファンが本気で乃木坂46ソートしてみたTOP10



f:id:takayuki2525:20160913221628j:plain

どうもこんちわ!

少年野球では3番を打っていました。

たかゆき(takayuki__2525)です!

 

 

以前この記事で紹介した、なかなかウケた話を

とうとう書きますよ!

www.takayuki-blog.com

 

僕のプロフィールにも書いてあるんですが

僕は少年野球をやっていました。

www.takayuki-blog.com

 

小学5年生の4月から少年野球をやっていたんです。

 

最初に任されたポジションはキャッチャー

僕はずっとピッチャーをやりたいと思っていました。

しかし、少年野球チームに入って

最初に与えられたポジションはキャッチャー

理由は肩が良かったから。

(誰だよ、ガタイがいいからって言ったやつ!当時はひょろひょろだわ!)

 

※野球を知らない人のための解説

肩が良い = ボールを遠くに投げる力が優れていること

ということです✩

 

既に6年生の正キャッチャーがいたので

控えキャッチャーとして練習していました。

でも僕はキャッチャーというポジションが嫌いでした。

なぜか?

 

・プロテクターを付けるのがめんどくさい

・プロテクターをつけると動きにくい

・プロテクターをつけると暑い

・ずっと屈んでいるの辛い

・ファールチップが怖い

・そもそもピッチャーがコントロール悪すぎてボールが取れない

 

こんな様々な理由があったんです。

 

ショートのレギュラーを獲得!

監督にポジション変更志願

そうすると当時のショートのレギュラーがキャッチャーをやりたいというので

代わりのショートをやる選手の選考会が行なわれました。

ショートも肩が良いほうが有利なポジション。

前にも書いてあるとおり肩が良い方だったので

5人くらいの候補の中からレギュラーを奪取!

 

ここから野球を辞めるまで

ショートをメインでやって行きました。

 

でもずっとやりたかったのはピッチャー

こんな簡単にレギュラーを獲得したたかゆきくん。

(弱小チームでしたけどね)

でも本当にやりたかったのはピッチャーでした。

さっきも書いたけど、その時のピッチャーは

ものすごくコントロールが悪かった。

ストライクが全然入らない

試合開始から連続四死球で相手に1度もバットを振らせず

何点も与えていました。

1イニングに30分も守備をするということもザラ

たまに入るストライクで拍手が起きるくらいですw

 

なぜそんなのがピッチャーをやっていたのかというと

その子が当時のヘッドコーチの息子だったから

よほど良い選手が入ってこない限りそいつがピッチャーでした。

大人の事情ってやつでしょうか

(今考えるとこれだから弱いんだよな・・・)

監督にお土産を持ってきた保護者の息子を試合に出してたりな・・・w

 

悲願の先発登板

そんな中でもチャンスが巡ってきました。

ある日の練習試合、そのピッチャーだった子と不愉快な仲間たちが

なにかイタズラでもしたのでしょう。

監督が怒ってしまって、「おまえらは試合に出さん!!」 とw

 

ということで、

「たかゆき!ピッチャーやってみるか!?」

僕の返事

「4番っすか?w」 今でも覚えてるww

野球を始めるきっかけをくれた今は亡き叔父に

生意気言うな!と後ろから頭を叩かれたww

 

ということで

4番ピッチャーたかゆきが誕生したのです!(パチパチパチパチ

練習試合だったけどすっごく嬉しかった。

監督もあまり期待していなかったんだと思うけど

思いのほかの好投!

試合途中から監督の態度がどんどん変わっていくのを

子供ながらに感じていました。

 

その好投もあり、ついに公式戦での先発をすることになります。

 

悲劇!プレイボールから3球で強制降板!!

f:id:takayuki2525:20160911235852j:plain

さぁ!ここからピッチャーのレギュラーを掴んでやるぜ!

と奮起するたかゆき!

 

しかし、試合前の投球練習からなんかおかしい・・・

コントロールが定まらないのですw

まぁ大丈夫だろうと不安ながらも登板。

 

公式戦でしかも後攻だったので夢の綺麗なマウンドに上がる

その時も投球練習をするのですが、

やっぱり定まらない・・・

 

審判「プレイボール!!」

 

思いっきりいこう!!

と思いました。

思いっきり投げた1球目・・・

デッドボール!!

 

投げたボールは打者の肩に直撃!

内心「避けれるだろ!!」と思ったけどww

 

ここで動揺してはいけない

思いっきりいこう!!

と自分に言い聞かせて投げた2球目・・・

デッドボール!!

 

これも打者の肩に直撃!

だから避けろやああああああああああ!! って内心思ったww

だって肩を引っ込めるだけなんだもんw

 

しかしデッドボールと審判が判断したならしょうがない

ここで監督からの激が飛ぶ

「たかゆき!真面目にやれ!!!」

 

いやww大真面目だわww

ふざけてるように見えるのかww

 

という感じで

2球目の時同様、ここで同様してはいけない とたかゆき。

思いっきりいこう!!

思いっきり投げた3球目・・・

デッドボール!!

 

これも打者の肩に直撃!

だから避けr(ry

まさかの3球連続のデッドボールww

3者連続じゃないですよ?w3球連続ですwwwww

 

「コラァ!!!!」

監督の怒鳴り声w

「下がれええ!!」

と怒られ元のショートに戻されたとさww

代わりのピッチャーには散々コントロールが悪いのに

なんであいつがずっとピッチャーなんだって思ってたやつが

ピッチャーに返り咲きましたとさ!ww

 

当然僕はシュンとしましたよww

せっかくのチャンスだったのに・・・

 

まとめ

いかがでしたか?

これがやっとの思いでひねり出した

ネガティブワードですw

 

この数ヵ月後、僕の野球人生は終わり

中学でも野球部に入ろうと思ってはいましたが

体験入部をやって入るのをやめましたw

だってボール触らせてくれないんだもんww

 

でっ

同じチームだった1つ上の学年の友達に

ソフトテニス部に誘われたので

素直に入りましたw

それがなぜか今でもソフトテニスしてますww

ソフトテニスの記事もいつか書きたいなぁ