ザクぶろぐ

ざっくばらんに、ざっくりとした内容の雑記ブログ

MENU

ドラゴンボール ギニュー特戦隊キャラクター紹介まとめ

イチオシ記事

1,乃木坂46 齋藤飛鳥と一緒にお仕事ができるバイト!高単価で交通費全額支給!

2,NOGIBINGO!を観るならHuluがオススメ!しかも2週間無料!

3,バイトルアプリ限定の乃木坂46の動画を観ようぜ!


f:id:takayuki2525:20181118152011j:plain

どうもこんちわ!

ドラゴンボール大好きおじさんです。

 

今回はドラゴンボールのナメック星編に登場する

「ギニュー特戦隊」についてまとめていきたいと思います!

 

 

ギニュー

f:id:takayuki2525:20181118152316j:plain

ギニュー特戦隊の隊長

戦闘力は最大12万(ジースが言っていた)

「ボディチェンジ」という技を持っていて

相手と身体を交換できる。

作中では、悟空とボディチェンジして

戦闘力のアップを試みる。

ボディチェンジは成功するが、悟空の身体をうまくコントロールできず

発揮できた戦闘力は2万3000だった。(ジースがスカウターで測った)

ボディチェンジする前であれば楽勝だった孫悟飯やクリリンに苦戦

その後ベジータと戦いボディチェンジを再び放とうとしたところ

その間に悟空が割込み、悟空は自分の身体を元に戻した。

今度こそとベジータにボディチェンジを試みるが悟空にカエルを投げ込まれ

ギニューはカエルとボディチェンジしてしまう。

その後は、ベジータに踏みつぶされそうになったが、悟空が制止し死なずに済んだ。

 

アニメではその後も描かれておりブルマが持っていた翻訳機を使いボディチェンジを繰り返したが、結局またカエルに戻った。

 

リクーム

f:id:takayuki2525:20181118154214j:plain

これと言って大きな特徴はないがベジータ達との戦いで

圧倒的なレベルの差を見せつける程、戦闘力は高い。

公式発表はないが推定戦闘力は5万5000

ベジータ達との対戦中現れた悟空にあっさり倒される。

 

バータ

f:id:takayuki2525:20181118154738j:plain

自称宇宙一のスピードを誇る。

戦闘力は推定で5万3000

宇宙一ということはフリーザより速いの?という疑問は残るが

悟空のスピードには全くついていけなかった。

悟空にジースと共に戦うが撃破される。

 

ジース

f:id:takayuki2525:20181118153916j:plain

ギニュー以外のメンバーの中では最後まで生き残った。

クラッシャーボールという技を持っている。

バータと共に悟空に挑むがバータが撃破され一旦撤退

その後、復活して戦闘力を大きく上げたベジータに撃破される

戦闘力は推定で5万4000

 

グルド

f:id:takayuki2525:20181118155508j:plain

ギニュー特戦隊との対戦で一番最初に出てきたキャラクター

クリリンに「あいつだけは全然大したことがない」

と言われるほど戦闘力はそんなに高くない。

推定で1万程度

しかし、タイムストップという時を止める特殊能力を使えたり

相手を金縛りで動けなくさせる特殊能力をもっている。

最後は孫悟飯とクリリンを金縛りで動きを止めているところを

スキを突かれベジータに手刀で首をはねられエネルギー波で消滅させられた。

 

ギニュー特戦隊メンバーの名前には規則性がある

ギニュー特戦隊のメンバーの名前には規則性があるのです。

ドラゴンボールのキャラクターの名前の由来には結構規則性があり

ギニュー特戦隊も例外ではなく、このような由来があります。

 

ギニュー:牛乳

リクーム:クリーム

バータ:バター

ジース:チーズ

グルド:ヨーグルト

 

てな感じです。そうすべて乳製品なのです。

しかもこれでは終わりません。

これらはすべて冷蔵庫に入っているものです。

そうです、フリーザ(冷蔵庫)一味の手下。

フリーザ一味の手下はすべて冷蔵庫の中に入っているものなのです。

だからサイヤ人とかもそうですよね。 野菜です!w

 

このように見ていくとドラゴンボールの新たな楽しみ方が出てきますよね

その名前の由来をまとめた記事もありますので興味のある方は

こちらの記事もあわせてどうぞ!

 

www.takayuki-blog.com

 

まとめ

ギニュー特戦隊はナメック星編において欠かせない

キャラクター性の高いグループですよねw

このようなキャラクターを考え出す鳥山明さんはすごいと思います!

ドラゴンボール大好きだ!

 

関連記事

www.takayuki-blog.com

www.takayuki-blog.com

www.takayuki-blog.com