ザクぶろぐ

ざっくばらんに、ざっくりとした内容の雑記ブログ

MENU

弱小副業ブロガーは税金を納めなくていい理由

イチオシ記事

1,乃木坂46 齋藤飛鳥と一緒にお仕事ができるバイト!高単価で交通費全額支給!

2,NOGIBINGO!を観るならHuluがオススメ!しかも2週間無料!

3,バイトルアプリ限定の乃木坂46の動画を観ようぜ!


f:id:takayuki2525:20181125035645j:plain

どうもこんにちわ!

弱小ブロガーです。

今回はちょっとした税金に関する疑問にお答えしたいと思います!

 

 

副業で税金を納めるのは年収20万円から

しょっぱなから答えなんですが、

副業であれば年間20万円越えなければ税金は納めなくていいのです。

 

っていうことは月平均で1万6000円以上稼いでる人でなければ

税金は納めなくていいのです。

 

20万円超えてても経費を考えると?

うわー、やべっ!年間20万円越えてるぜ!!っていう方

まだ焦らないでください!

税金は「経費」というものを引いて良いのです。

例えば、通信費や交通費、書籍代など

ですので、簡単に説明すると「利益」が20万円を越えなければいいのです。

利益とは 売り上げ ー 経費 = 利益 となります。

 

経費になるものとは?

じゃあ経費って何が経費になるの?

という疑問が出てきますよね。

先ほど書いた通信費や交通費、書籍代のほかに

家賃、食費、衣類なども場合によっては経費になるのですが

とりあえずは自己申告です。

いざ、税務署の人が調査をしたときに

これは経費にならない!と弾かれないと思われる申告をしましょう。

例えば、家でブログ記事を書いているから

家賃も経費でしょ!って思うかもしれませんが

これは全額経費とは考えにくいです。

実は明確なルールはなくて

家のスペース半分をブログ作業に使ってるから

家賃の半分が経費! だとか

1日の8時間をブログ作業に割いているから

1/3が経費 だとか

何かしらの根拠をもって申告することが大事です。

 

一つの目安としては

その仕事をしてなかったらそのお金が発生してないのか?

という尺度で考えると良いです。

 

弱小でも開業届は出さないといけない?

副業でも開業届を出すことができます。

でも、義務でもありません。

出したくなければ出さなくてもいいです。

税金が払わないといけない場合は

開業届は関係なく、払わないといけないのです。

ただ開業届を出さないと青色申告ができないので

ガッツリ稼いでいる人は開業届を出したほうが明らかに良いです!

 

まとめ

ということで、

僕自身もブログでの収入は年間20万円を越えるか越えないか?

くらいの売り上げなので、経費を引いてしまったら

20万円は切りますので実際に税金は納めていません。

この記事で、ブログでちょっと稼いでるけど

税金払わないといけないのかな?って思っている方の

疑問を解消できていたら幸いです。

 

僕は最近まで税金の知識0だったのですが

お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが

税金で損しない方法を教えてください!

っていう本を読んで知識を付けることができました。

税金初心者にはかなり良い書籍でしたので

興味のある方は買ってみてはいかがでしょうか?