ザクぶろぐ

ざっくばらんに、ざっくりとした内容の雑記ブログ

MENU

自衛隊|自衛官候補生で入隊してから一般曹候補生になれる?メリットやデメリットも

イチオシ記事

1,乃木坂46 齋藤飛鳥と一緒にお仕事ができるバイト!高単価で交通費全額支給!

2,NOGIBINGO!を観るならHuluがオススメ!しかも2週間無料!

3,バイトルアプリ限定の乃木坂46の動画を観ようぜ!


f:id:takayuki2525:20180812011851j:plain

どうもこんにちわ!元自衛官です。

 

今回は自衛官候補生で入隊してから一般曹候補生になれるのか?

という疑問について解説していきたいと思います。

 

 

自衛官候補生から一般曹候補生にはなれます!!

f:id:takayuki2525:20180812013141j:plain

結論から言うと自衛官候補生で入隊してから一般候補生になることはできます

なので、新卒で一般曹候補生で入隊したかったけど落ちちゃった

来年またチャレンジしよう。っていうのはもったいないです。

自衛官候補生で入隊してからチャレンジしましょう。

それならば給料も1年分多くもらえますし、階級もちょっと高い

何かと優位です。

正直、自衛官候補生で入隊しようが一般曹候補生で入隊しようが

1年早く入ったやつが偉そうな顔してるので、早く入隊してしまったほうが良いです。

 

自衛官候補生から一般曹候補生を受験したほうが受かりやすい?

f:id:takayuki2525:20180812013636j:plain

自衛官候補生を受けて入隊してから一般曹候補生を受験したほうが

新規で受験するより合格しやすいのか? という話がありますが

個人的な意見ですが、、 あまり関係ないと思います。

 

一昔前はそのようなこともあったようですが、

僕が自衛隊にいたときは、自衛官候補生の隊員が

一般曹候補生を受験して何回も不合格を喰らっている人はいました。

特別問題を起こしているよな隊員ではなかったですが落ちていました。

 

また、自衛官候補生で受験すると体力測定の結果を提出したり

一般曹候補生は2次試験で面接がありますが

面接内容も職務内容なども聞かれるかもしれません。

そこは新規で受ける人とは違うところだと思います。

 

僕は高卒の新卒から一般曹候補生に合格しましたが

一度も面接練習などしたことなかったにも関わらず合格しました。

なので1次試験でしっかり点数を取っておけば

相当変な思想や挙動をしなければ問題なく受かると思いますけどね。

 

ちなみに、実際に入隊試験を担当していた

元地方協力本部に勤務していた隊員に聞いたことがありますが、

1次試験の点数である程度合否は決まっているそうです。

なので、面接で挽回しようっていう考えは捨てましょうね。

 

一般曹候補生になれば職種を変えることができる?

f:id:takayuki2525:20180812013109j:plain

一般曹候補生になれば職種を変えることができるって聞いたことありませんか?

今の職種に不満があるから一般曹候補生になろう!

って思っている方もいるかもしれません。

 

しかし、これは無理!

一般曹候補生になっても職種も変わらないし職場も変わりません。

 

一般曹候補生制度が始まる前に一般曹候補学生っていう採用区分がありました。

入隊から2年で同期が全員3曹になる制度です。

これがあった時代は自衛官候補生(当時の新隊員)から

一般曹候補学生になれば職種が変わることができました。

 

一般曹候補生になるメリットとデメリット

f:id:takayuki2525:20180812015319j:plain

これから自衛官候補生から一般曹候補生になろうと思っている方向けに

一般曹候補生になるにあたってのメリットとデメリットを整理してみましょう。

 

一般曹候補生になるメリット

  • 任期制から非任期制になる

 

んー、いろいろ考えましたが、これだけじゃないですかね?ww

僕も、一般曹候補生だったからと言って得したなぁって思ったことは一つもないです。

 

一般曹候補生になるデメリット

  • 非任期制になるため満期金がでなくなる
  • 制服などに曹候補生記章を付けないといけない手間が増える
  • 逆に昇任が遅れる可能性もある
  • 資格を取らせてもらえなくなる
  • 退職するタイミングが難しくなる

こんなもんですかね・・

なにか他に思いついたら足しておきますね。

では、一つずつ解説しますね。

 

非任期制になるため満期金がでなくなる

一般曹候補生になると非任期制になるので満期金がもらえなくなります。

陸上は2年毎、海と空は最初3年、その後は2年毎

これをもらうことによって、定年まで働いた場合の

定年退職金がもらった額以上に減りますよ って話

正直、54歳になったときの200万円よりかは

20代前半の100万円のほうが有益かと思いますけどね。

自衛隊に定年まで勤めるかわからんのに

 

制服などに曹候補生記章を付けないといけない手間が増える

一般曹候補生になると首元に曹候補生記章というものが付きます。

洗濯とかする前は外さないといけないです。

着る時も付けなおさないといけません。

防衛記念賞や賞詞のように「着用することができる」ではありません。

着用しなくてはなりません。

これを脱着する時間がもったいないし、付け忘れによって怒られる原因が増える

良いことなくない?

 

逆に昇任が遅れる可能性もある

自衛官候補生だって3年在籍すれば3曹への昇任試験の受験資格がもらえます。

しかも結構、枠は狭くない。

しかし、そこから一般曹候補生になると新規に一般曹候補生になるのと一緒で

2年間受験資格がなくなります。

その2年の間に自衛官候補生の同期が3曹になっているということがありうる。

普通にありうる。一般曹候補生にならないほうが良かったんじゃね?

ってことがかなりあると思います。

 

僕が経験した感じでは、自衛官候補生も一般曹候補生も

昇任のしやすさは大して変わらないです。

 

資格を取らせてもらえなくなる

自衛官候補生であれば「退職する前提の入隊」っていう認識があります。

自衛隊は再就職にも力を入れているので、再就職のために

資格を取らせてくれます。

例えば、一番メジャーなのが普通運転免許や大型運転免許

陸上自衛隊とかは自衛隊の中で取らせることがあるようですが

海上と航空は民間の自動車学校に委託して取らせてくれることが多いと思います。

しかもこれにかかる費用はタダです。税金です。いいですね。

 

僕の同期とかは、表向きは退職する予定として言っておいて

普通運転免許や危険物乙種4類などを取った上で結局3曹に昇任しました。

だから辞めてないし、非任期制になったわけです。

タダで身分証明書類をゲットし、53、4歳までの安定を掴み取ったわけですね。

でも、そういう人は少なくなくて、結構多くいると思いますよ。

まぁでも、嫌みは結構言われると思いますけどね。

税金でタダで免許取れていいなぁ とか僕も言ってたし、周りにも言われてましたw

一方、一般曹候補生で入隊した僕は、自腹で運転免許取りに行きましたよ、ええ。

 

退職するタイミングが難しくなる

最後ですが、任期制から非任期制になるため

退職する節目を失い、退職しようかなぁって思っても

いつ辞めようかタイミングが難しいです。

辞めようと思ったときに、辞めます!ってすぐに言える人は多くないです。

しかも一般曹候補生となると、今後も3曹になって働いてくれる

という期待もあって迷惑になるのではないか・・・?という

変な気を使ってしまうのです。

仮に辞めると言っても引き留めに入る可能性は高い

下手すると結構お偉いさんとの面談になってしまったり

その部隊の隊長などの管理責任に発展することもあるかもしれません。

これは部隊に貢献している人ほど可能性が高いです。

前述したように自衛官候補生は「退職する前提」というのがあるので

引き留めなどは起きる可能性が低くすっぱり辞めれますね。

 

自衛官候補生で入隊してから一般曹候補生 まとめ

f:id:takayuki2525:20180812022612j:plain

まとめますと、自衛官候補生から一般曹候補生にはなれます!

が、自衛官候補生だから合格に有利だとか不利だとかはありません。

 

僕の個人的な意見ですが、デメリットのところを見るとわかる通り

自衛官候補生から一般曹候補生になることはできますが、

オススメはしませんよって話www

3曹になりたいけど所属する部隊に自衛官候補生の先輩が多くいすぎて

4、5年くらいは昇任できそうになく、でも、一般曹候補生が全然いない!!

っていうなら一般曹候補生になることを考えてもいいかなってレベルです。

基本的に自衛官候補生のままで良いと思いますよ。

入隊試験の受験資格の年齢の上限も上がったし、現在の自衛隊は人が足りていません。

部隊に貢献している人材ならば3曹になれなくても

簡単に辞めさせることはないでしょう。

 

関連記事

www.takayuki-blog.com

www.takayuki-blog.com

www.takayuki-blog.com