ザクぶろぐ

ざっくばらんに、ざっくりとした内容の雑記ブログ

MENU

元自衛隊員が解説 一般曹候補生って何?合格難易度は?試験は難しい?

イチオシ記事

1,乃木坂46 齋藤飛鳥と一緒にお仕事ができるバイト!高単価で交通費全額支給!

2,NOGIBINGO!を観るならHuluがオススメ!しかも2週間無料!

3,バイトルアプリ限定の乃木坂46の動画を観ようぜ!


f:id:takayuki2525:20180815205422j:plain

どうもこんにちわ!

今回は元航空自衛官の僕が、一般空曹候補生について解説していきますよ!

今後、自衛隊の入隊試験を受験しようかな って思っている方に参考になれば幸いです。

 

 

そもそも一般曹候補生って何?

f:id:takayuki2525:20180815205431j:plain

そもそも一般曹候補生とは何なのか?

それは高卒から入隊するときの受験することができるメジャーな採用区分のひとつとなっています。

その他には「自衛官候補生」や「航空学生」などがあります。

自衛官候補生は任期制で、陸上自衛隊は2年毎、

海上自衛隊、航空自衛隊は最初が3年、その後2年毎に継続任用の審査がされ

勤務成績が悪かったり、身体に異常がある場合は自衛隊を辞めなくてはなりません。

しかし、一般曹候補生は非任期制で、そのような継続任用の審査などはありません。

 

一般曹候補生の試験は難しい?合格難易度はどれくらい?

f:id:takayuki2525:20180815205440p:plain

それでは一般曹候補生の試験や合格難易度の解説をしますね。

結果から言うと試験自体は難しくありません。

学科は高校1年生に習う程度の国語、数学、英語 そして作文

作文に関しては無難なことを書いて、変な日本語でなければ問題ありません。

 

しかし、合格難易度は受験する地域によって異なる可能性があります。

というのも、各地方によって採用人数が決まっているからです。

僕は第1期一般曹候補生として入隊しましたが、僕の地域で合格したのは10名くらい

ちなみに倍率は10倍くらいだったそうです。

どういう採用人数の割り振りをしているかは、わかりませんが

万が一、優秀な志願者が一部の地域に固まってしまった場合は

そこの地域を受験した人は合格難易度が高くなりますよね。

でもぶっちゃけ自衛隊を受験しようという人で

頭のいい人っていうのはわずかですので、あまり気にしなくていいと思います。

偏差値35のスポーツ校の高校に通っていた偏差値40くらいの僕が

ちょっと1ヶ月くらい頑張って勉強して

航空自衛隊の一般曹候補生に合格したんですからw

 

しかも現在の自衛隊は人材確保に困っています。

なので、より合格しやすいのではないかとおもいます。

ですが、倍率が10倍だったということは100人受験して90人が落ちているのは事実です。

合格難易度が高くないっていうのは、「努力すれば」の話です。

努力したってなかなか合格できない資格や職業、大学ってありますよね?

それに比べたら屁でもねぇってことです。

高校1年生程度の学力なら自信あるよー っていう人でなければ

しっかり勉強と対策をして受験に挑む必要があります。

 

一般曹候補生のメリット

f:id:takayuki2525:20180815205449j:plain

それでは、一般曹候補生に合格したらどんなメリットがあるのか?

それを解説していきたいと思います。

 

定年退職までの保証がある

そもそも一般曹候補生って何? のところでも解説しましたが、

一般曹候補生は非任期制です。

自衛官候補生と違って定年退職までの任用が約束されているのです。

一般社会に例えると

 

自衛官候補生 ⇒ 契約社員

一般曹候補生 ⇒ 正社員

 

という感じになります。

なので、入隊前から「絶対に自衛隊で定年退職まで勤め上げるんだ!!」という

確固たる意志がある人は絶対に一般曹候補生を目指しましょう。

 

士長までの昇任が自衛官候補生よりもちょっと早い

一般曹候補生は入隊と同時に2士に任命され半年後に1士、また半年後に士長へ

定期昇任をし、その更に1年後には3曹への昇任試験の受験資格を得ることができます。

これは自衛官候補生より士長までの昇任が8カ月早く、

3曹への昇任試験の受験資格も1年早く得ることができます。

(自衛官候補生は入隊後8カ月で1士、その後1年で士長)

 

ちなみに3曹以降は正直どっちが早く昇任できるか?というのはわかりません。

一般曹候補生だからといって1年早く受験資格をもらえるというだけで

3曹への昇任を優遇されるわけではありません。

ですので、逆に自衛官候補生のほうが先に3曹になっちゃった!!

なーんて話はよくある話です。

僕自身も高卒の18歳で一般曹候補生で航空自衛隊に入隊してから

3曹まで昇任するのに6年と9カ月かかりました。(ちょっと遅い)

でもぶっちゃけ、昇任に関しては「運」もありますよ。

個人の能力ももちろん関係ありますが、どこの所属になるか?というのも大きな要素です。

配置された所属先に士長がウジャウジャいるようなところだったら

3曹の枠を奪い合うライバルが多く、競争率が上がって昇任が難しくなります。

逆に、他にライバルがちょっとしかいない、もしくは自分しか昇任試験受験対象者がいない!ってなるとかなり有利です。

 

ここで、これから入隊する人や受験予定の方に朗報です。

自衛隊に入隊したら、まず教育隊に行くわけですが、

一応そこでも成績が付き、昇任にも若干影響するため教育隊でめっちゃ頑張る人がいます。

なので、周りの成績を下げようと仲間を蹴り落とすような行為をする人もいますが

正直、教育隊の成績なんて、昇任試験のライバルが少ないところに所属になってしまえば関係ないです。

逆にぶっちゃけた話ですが、ライバルが多い所属になっても

そこのお偉いさんに媚びを売って、胡麻を摺って、仲良くなって、

「僕がんばってるんですうう」っていうアピールをしまくれば昇任しますw

どこの世界でもそれは同じかもしれませんね。

で、なにを言いたいのかというと・・・

「教育隊頑張ったところで意味ないから普通にやれよww」って話でしたw

 

なんかこのセクション長くね?ww

一般曹候補生のメリットはこんなもんですかね!

少ないね!

 

 

一般曹候補生のデメリット

f:id:takayuki2525:20180815205500j:plain

それでは逆に一般曹候補生になることでデメリットは何なのか?

その疑問を解説していきたいと思います。

 

非任期制である

え?それってメリットじゃないの?

って思うかもしれません。

これは一見するとメリットのように見えますが、僕的にはデメリットに思います。

 

自衛官候補生の任期制であれば航空自衛隊だと

3年で任期満了金が約934,340円

その後2年で約1,484,666円

そのまた2年後、約1,184,500円

そのまた2年後、約606,999円

がもらうことができます。

 

しかしこれは一般曹候補生になるともらえません。

でも、その分定年退職した時の退職金が自衛官候補生より多いわけです。

ですが、一般曹候補生で途中で退職した場合の退職金はめちゃめちゃ少ないです。

退職するときのお給料によって異なってくるのですが、

10年務めて月給25万円くらいの人だと約1,250,000円くらいです。

少ないですね!!

 

そして正直さ、定年退職するときの200万円より

若い時の100万円のほうが有意義じゃない?w

定年退職(54歳くらい)する頃には家庭を持っていたりして

定年退職金を多くもらえたところで、自分のために使えるお金なんて

ほとんどないのではないでしょうか?ww

どうせ、子供に使ったり住宅費に使ったりするんでしょうw

それだったら自衛官候補生で若い時に100万円貰いたい。僕はね。

 

教育隊の教育期間がちょっと長い

一般曹候補生は、曹として定年退職まで勤め上げる前提の採用区分なので

自衛官候補生より、だるい教育期間がちょっと長いです。

僕が入隊した時は3週間くらい長かった!ちっくしょう!

自衛官候補生のほうが後に入隊式やって、そして先に卒業式やるんだからww

でも、3曹になる時に、もう一度教育隊に行かないといけないのですが、

これは自衛官候補生と一般曹候補生の区別はなく同じ期間です。

ていうか全く教育内容が同じです。

じゃあ自衛官候補生で入ったほうがよくね? ってわけです。

 

一般曹候補生まとめ

f:id:takayuki2525:20180815205509j:plain

ということで、一般曹候補生のまとめはこんな感じです。

僕はあまり一般曹候補生はオススメしませんねw

僕がもう一度自衛隊に入りなおすんだったら自衛官候補生ですね。

 

関連記事

www.takayuki-blog.comwww.takayuki-blog.com

www.takayuki-blog.com

www.takayuki-blog.com