ザクぶろぐ

ざっくばらんに、ざっくりとした内容の雑記ブログ

MENU

人狼ゲーム 狂人の役割や立ち回りのコツまとめ

イチオシ記事

1,乃木坂46 齋藤飛鳥と一緒にお仕事ができるバイト!高単価で交通費全額支給!

2,NOGIBINGO!を観るならHuluがオススメ!しかも2週間無料!

3,バイトルアプリ限定の乃木坂46の動画を観ようぜ!


f:id:takayuki2525:20181119143948j:plain

どうもこんにちわ!

今回は、巷で噂の人狼ゲームの「狂人」の役職や立ち回りのコツについて

紹介していきたいと思います。

ゲームによっては「裏切者」という役職名になっているものあります。

 

 

人狼ゲーム 狂人の役割について

陣営:人狼陣営

カウント:市民カウント

 

それでは狂人の役割について紹介していきます。

まず抑えておいてほしいのは、カウントは市民としてカウントされるのですが

人狼側の勝利条件を満たすことによって自分も勝利になるということです。

ちょっと複雑なのですが、重要な事項なのでしっかり覚えておきましょう。

 

で、狂人の役割は「村を混乱させること」がお仕事です。

例えば、市民側にとって占い師霊能者は重要な役職であって

自由に仕事を全うされてしまっては人狼側が大きく不利になってしまうのです。

それをかき回す役目が「狂人」という役職です。

 

人狼ゲーム 狂人の立ち回りのコツについて

狂人の立ち回りのコツについて紹介していきます。

狂人はとにかく嘘をついていくのがお仕事です。

大体は占い師霊能者のどちらかに、なりすますのがセオリーです。

村構成にもよりますが占い師を騙るのが一般的かと思います。

この時にどの役職も騙ることがない狂人のことを

「狂ニート」なんぞと叩かれることが多いので、気を付けましょう。

いや、でも敢えて騙らないって言う手もあるのですが、

これはかなりの上級者向けの戦法なので

最初のうちはやらないほうが無難です。

 

霊能者を騙る場合はほぼ本物の霊能者が対抗してきて

結果的にローラー作戦で全員を処刑する作戦に出る可能性が高いです。

しかしこれはとてもいい作戦で、村に霊能者がいなくなるというのは

そこそこ大きなダメージなのです。

無難に村側にダメージを与えたいのであれば霊能者を騙るのも有りです。

 

占い師を騙る場合は、少し頭を使わなければなりません。

状況が時々によって大きく変わります。

村によっては霊媒師同様ローラー作戦する場合もある。

村の残りの人狼の数を予想して、残りの市民の数を逆算し

良い具合になってきたら、人狼じゃないと思われ、

人狼だと言われてもしょうがないような人を

人狼見つけたとアピールし、人狼の勝利に貢献していきます。

これがうまくいけば人狼側に大きく貢献できるのですが、

下手をすると本物の人狼を人狼だとアピールし

市民側にアシストしてしまうという失態になりかねません

これは人狼を見極める力が戦況を大きく左右します。

 

パワープレイについて

人狼ジャッジメントというゲームアプリでは

よく「pp」という言われ方もしますね。

PパワーPプレイの略ですw

 

これは狂人に限らず覚えておくべきことなのですが

狂人は特に意識しなければならないことなので紹介します。

 

例えば村に残った役職が

市民 市民 狂人 人狼 人狼

ということが分かっている場合

狂人と人狼はカンミングアウトすれば

1人の市民側の人に3票を集めて

処刑することができるのです。

そうすれば人狼側の勝利になるわけですね。

 

市民が残り3人場合も同じです。

市民 狂人 人狼 であれば残りの市民に票を集めれば勝ちです。

 

自分が狂人で残り3人になった時で、残った市民が市民確定している場合は

狂人をカンミングアウトしパワープレイに踏み込みましょう。

しかし、自分以外の二人がグレーだった場合

これはどちらも人狼だとカンミングアウトされてしまえば

これまた難しいんですよね。

狂人次第で勝負が決まります。考察して市民のと思う方を選ぶ形になります。

 

人狼ゲーム 狂人の役割、立ち回りのコツまとめ

ということで、まとめますと

  • 狂人の仕事は村を混乱させること
  • 占い師か霊能者になりすますのがセオリー
  • 狂ニートはやめろ
  • パワープレイは覚えておけ

ということになりますね。

狂人という役職は結構上級者向けで

その人の腕次第で大きく戦況を左右する役職ですので

わかってくるととても面白い役職です( *´艸`)

 

関連記事

www.takayuki-blog.com

www.takayuki-blog.com

www.takayuki-blog.com