ザクぶろぐ

ざっくばらんに、ざっくりとした内容の雑記ブログ

MENU

クレヨンしんちゃん 超主要キャラクターまとめ

イチオシ記事

1,乃木坂46 齋藤飛鳥と一緒にお仕事ができるバイト!高単価で交通費全額支給!

2,NOGIBINGO!を観るならHuluがオススメ!しかも2週間無料!

3,バイトルアプリ限定の乃木坂46の動画を観ようぜ!


f:id:takayuki2525:20180816185409j:plain

どうもこんにちわ!クレヨンしんちゃんは全巻持ってました!

今回はクレヨンしんちゃんの主要なキャラクターを紹介していきたいと思います。

 

 

野原しんのすけ

f:id:takayuki2525:20180816185619p:plain

この作品、クレヨンしんちゃんの主人公

埼玉県春日部市出身

野原ひろしと野原みさえの息子

5歳児の男の子、坊主

笑うときは顔を見せない

剣道の才能がある。

 

 

野原みさえ

f:id:takayuki2525:20180816190255p:plain

主人公の野原しんのすけのお母さん

29歳 熊本県出身 旧姓:小山

短気で見栄っ張りな性格がたまに見える

高校や大学は女子校でバスケットボール部に所属していた。

 

 

野原ひろし

f:id:takayuki2525:20180816190705j:plain

主人公の野原しんのすけのお父さん。

35歳、秋田県出身

東京の双葉商事に勤め、係長の役職に就く

月収手取りで30万円 お小遣いは月3万円

自宅のローンが32年残っている

足が臭い

 

野原ひまわり

f:id:takayuki2525:20180816192651j:plain

主人公、野原しんのすけの妹

0歳児、お母さんのみさえに似て光物とイケメンが大好き

また、兄同様笑うときは顔を見せない

名前の名付け親はしんのすけ

(実際は視聴者から名前を募集して原作者の臼井義人が選んで決定)

 

シロ

f:id:takayuki2525:20180816193151p:plain

野原家に飼われている小型犬

家の庭に小屋があり、そこに住む

オス

しんのすけが捨てられたいたシロを拾った

得意技は「わたあめ」

 

風間トオル

f:id:takayuki2525:20180816194743p:plain

しんのすけと同じ幼稚園に通うお友達

お金持ちの家に生まれ、塾や英会話に通い

頭が良い

マザコン

少女アニメが好きだが、みんなには隠している。

プライドが高い

 

佐藤マサオ

f:id:takayuki2525:20180816195123j:plain

同じく、しんのすけと同じ幼稚園に通うお友達

おにぎりみたいな頭をしている。

泣き虫

絵が上手いという才能があったりする。

 

桜田ネネ

f:id:takayuki2525:20180816195412j:plain

同じく、しんのすけと幼稚園に通うお友達

リアルなおままごと「リアルおままごと」が好き

でも他のみんなはやりたくない。

イライラすると、うさぎの人形を持ち出し

見えないところで殴る

 

ボーちゃん

f:id:takayuki2525:20180816195653g:plain

同じく、しんのすけと同じ幼稚園に通うお友達

常に鼻水を垂らしている。この鼻水は自由自在に動かせる

石を集めるのが好き。

名前が明らかになっていない。

 

アクション仮面

f:id:takayuki2525:20180816200258g:plain

しんのすけ大好きなアニメの主人公

特撮物で悪に立ち向かうヒーローである。

 

しんのすけもアクション仮面の格好をすることがある

f:id:takayuki2525:20180816200448p:plain

 

かわいいですね!!w

 

ぶりぶりざえもん

f:id:takayuki2525:20180816200539j:plain

豚の侍をモチーフにしたキャラクター

しんのすけがデザインした。

 

腰に掛けているのは刀ではなく、千歳飴である。

戦闘力は全然高くない。

映画にたびたび登場するくらい人気のキャラクターである。

 

クレヨンしんちゃん 超主要キャラクターまとめ

f:id:takayuki2525:20180816201128j:plain

もっと重要なキャラクターはいるのですが、

とりあえず抑えておきたいキャラクターはこんな感じだと思います。

クレヨンしんちゃんは原作も映画もとても素晴らしい作品ですので

より多くの人に触れていただきたいです。

原作者である、臼井義人さんが亡くなったときは、すごく悲しかったです。

もっとこの名作を続けていってほしかったなぁ。

 

関連記事

www.takayuki-blog.com

www.takayuki-blog.com

www.takayuki-blog.com